【開催日:10/18】第63回秋の周南パラボラ会 - 新南陽商工会議所 | 周南市 新南陽地区(山口県) | 経営相談 資金繰り 新規創業 経営革新 検定試験など

【開催日:10/18】第63回秋の周南パラボラ会

周南パラボラ会

「周南パラボラ会」は

・各会の「人を知る」ことを目的としています。
・誰とでも気軽に人脈作りができる「場」を提供します。
・商工会議所会員事業所であれば何人でも参加することができます。
・かしこまったルールはありません。

日程 2019年10月18日(金)
時間 18:00~19:30
場所 ピピ510 周南市糀町1-17 (0834-22-5510)
参加費 お一人につき1,000円(当日徴収させていただきます)

※当日は受付でお名刺を1枚いただきます。

お申込み先 下記資料をダウンロード頂き、ご記入の上お申込み下さい。

新南陽商工会議所 TEL:0834-63-3315 FAX:0834-63-8397

〒746-0017 山口県周南市宮の前2丁目6番13号

締切 2019年10月4日(金)
申込方法

申し込み用紙をダウンロードしてFAX又は郵送、ご持参にてお申し込みください。

※PDFを印刷して記入し、お申込み下さい。

※当日は受付でお名刺を1枚いただきます。なお、お名刺はできるだけ多くご用意ください。
主催:徳山商工会議所(主管)、新南陽商工会議所、下松商工会議所、光商工会議所、山口銀行

地域密着!新南陽地域の事業者様のお力になります!

新南陽商工会議所には、経営者や個人事業主の方が安心して利用できるサービスが多くあります。個人事業主の方でも入会できます。まずはお気軽にお問い合わせください。

 

新南陽商工会議所の職員が、新南陽地域の皆様のお力になります。

中小企業支援に関することはお気軽にお問い合わせください!

0834-63-3315

平日 9:00 - 17:30
土曜 9:00 - 12:00(第2・4土は休み)

お問い合わせ・資料請求

メールは24時間受け付けております。

ソーシャルボタン

こちらの記事も読まれています。

  • 【開催日:2/17】「WEBを活用した新規採用求人」個別相談会【開催日:2/17】「WEBを活用した新規採用求人」個別相談会 「 WEB を活用した 新 規 採 用 求 人 と は 」 人手不足が深刻化する中、中小企業・小規模事業者の皆さんには労働力の確保や従業員の生活への多様な配慮が一層求められるようになり、持続的な事業経営を行っていかなければなりません。労働力を確保するために、魅力的な職場環境の整備や WEB […]
  • 【開催日:3/17】「働き方改革」個別相談会【開催日:3/17】「働き方改革」個別相談会 「働き方改革」準備できていますか? 今年4月から順次施行されております「働き方改革関連法」について、中小企業・小規模事業者の間でも様々な見直しがされています。労働力の確保と従業員の生活への多様な配慮が一層求められるようになり、中小企業・小規模事業者も「働き方改革関連法」を踏まえて事業経営を行っていかなければなりません。「年5日間の有給取得の義務化」「残業時間の上限規制」など […]
  • 【開催日:4/3】新入社員ビジネスマナー研修【開催日:4/3】新入社員ビジネスマナー研修 社会生活のスキルとしてのマナー教育を考える。 職場はいうまでもなく、一人だけで仕事をする場ではありません。年齢も立場も考え方もそれぞれ違った人が、ひとつの目的のために集まっているところです。良好な人間関係の基本は、職場のルールを守り、マナーを良くすることです。相手の心に響く、もっと的確な、効果的な、好感のもてる振る舞い方、話し方を身につけたいと思う時、初めてマナーを学ぼうと […]
  • 【開催日:1/17】「働き方改革」個別相談会【開催日:1/17】「働き方改革」個別相談会 「働き方改革」準備できていますか? 今年4月から順次施行されております「働き方改革関連法」について、中小企業・小規模事業者の間でも様々な見直しがされています。労働力の確保と従業員の生活への多様な配慮が一層求められるようになり、中小企業・小規模事業者も「働き方改革関連法」を踏まえて事業経営を行っていかなければなりません。「年5日間の有給取得の義務化」「残業時間の上限規制」など […]
  • 【開催日:2/13】「働き方改革」個別相談会【開催日:2/13】「働き方改革」個別相談会 「働き方改革」準備できていますか? 今年4月から順次施行されております「働き方改革関連法」について、中小企業・小規模事業者の間でも様々な見直しがされています。労働力の確保と従業員の生活への多様な配慮が一層求められるようになり、中小企業・小規模事業者も「働き方改革関連法」を踏まえて事業経営を行っていかなければなりません。「年5日間の有給取得の義務化」「残業時間の上限規制」など […]
PAGE TOP