周南市 多子世帯応援給付金(ご案内) - 新南陽商工会議所 | 周南市 新南陽地区(山口県) | 経営相談 資金繰り 新規創業 経営革新 検定試験など

周南市 多子世帯応援給付金(ご案内)

多子世帯応援給付金

次代を担う子どもの増加を願い、出生を祝福し、子どもたちの健やかな成長を応援するとともに、多子世帯の子育てに要する費用の経済的な負担を軽減することを目的に、周南市では「多子世帯応援給付金」が支給されます。

給付金内容
支給額対象児童1名につき10万円分の周南市内共通商品券
支給対象児令和2年4月1日以降に生まれた第3子以降のお子様

※周南市の住民基本台帳に出生により記載され、支給対象者と同一世帯に属するお子様に限ります。

支給対象者支給対象児の保護者
申請期間支給対象児の出生届の提出日から2カ月以内

(住民登録が1年未満の場合は、住民登録1年経過後の2カ月以内)

支給要件

保護者が支給対象児の出生前から1年以上、周南市に住民登録されていること。

※その他にも支給要件がありますので、詳しくはお問合せください。

詳しい詳細は下記、周南市HPをご確認下さい。

周南市 多子世帯応援給付金

 

 

地域密着!新南陽地域の事業者様のお力になります!

新南陽商工会議所には、経営者や個人事業主の方が安心して利用できるサービスが多くあります。個人事業主の方でも入会できます。まずはお気軽にお問い合わせください。

 

新南陽商工会議所の職員が、新南陽地域の皆様のお力になります。

中小企業支援に関することはお気軽にお問い合わせください!

0834-63-3315

平日 9:00 - 17:30
土曜 9:00 - 12:00(第2・4土は休み)

お問い合わせ・資料請求

メールは24時間受け付けております。

ソーシャルボタン

こちらの記事も読まれています。

  • 山口県新型コロナウイルス対策営業持続化等補助金(二次募集)のお知らせ山口県新型コロナウイルス対策営業持続化等補助金(二次募集)のお知らせ 新型コロナウイルス対策営業持続化等補助金(二次募集) 新型コロナウイルス対策営業持続化等補助金の二次募集が公募開始となりました。 主なポイント・変更点 ・対象者は中小企業者(小規模事業者を含む) ・業務の効率化(感染防止対策も含む)や新事業展開などを通じて、営業の維持発展を図る取組を行う事業者 ・補助金額1事業者あたり上限30万円(補助率10/10) ・交付決 […]
  • 【事前告知】2019産業観光ツアー – 一般コース【事前告知】2019産業観光ツアー – 一般コース 令和元年7月1日より2019産業観光ツアー一般コースの募集を開始致します。 普段とは違った視点から見る企業群をご堪能下さい 周南地域は、全国でも有数の石油化学コンビナートを形成し、知名度の高い上場企業も立地していることから企業城下町として発展してきました。また地域に密着した地場の企業も多くあります。そこで周南地域の4つの商工会議所では、このような条件を活かした地域活性化事 […]
  • 【認定日:3/15】経営発達支援計画認定【認定日:3/15】経営発達支援計画認定 小規模事業者支援法に基づく「経営発達支援計画」が認定されました 小規模事業者の事業の持続的発展を支援するため、商工会及び商工会議所が、小規模事業者による事業計画の作成及びその着実な実施を支援することや、地域活性化にもつながる展示会の開催等の面的な取組を促進するため、商工会及び商工会議所が作成する支援計画のうち、小規模事業者の技術の向上、新たな事業の分野の開拓その他の小規模事 […]
  • 【2/1(月)まで】固定資産税・都市計画税の軽減措置(令和3年度分)のご案内【2/1(月)まで】固定資産税・都市計画税の軽減措置(令和3年度分)のご案内 新型コロナウイルス感染症の感染拡大によって厳しい経営環境に直面している中小事業者等に対して、償却資産と事業用家屋に係る固定資産税及び都市計画税を令和3年度に限り軽減します。 令和2年2月から10月までの任意の連続する3か月の事業収入が前年の同期間と比較して 〇減少率が30%以上から50%未満のとき→2分の1を軽減します。 〇減少率が50%以上のとき→全額を軽 […]
  • 【無料】コロナに負けない 経営者・後継者のための事業承継セミナー【無料】コロナに負けない 経営者・後継者のための事業承継セミナー 【無料オンデマンドセミナー】コロナに負けない 経営者・後継者のための事業承継セミナー 企業にとって避けて通れない大きな課題「事業承継」。本講座では事業承継の実態とその望ましいあり方を学びます。何をどうすれば企業経営は継続できるのか?「何とかしなければ」と思っても、ほとんどの方がどのような順序でどこから手をつければよいのか迷われているのが実情です。コロナ禍の影響で危機に直面し […]
PAGE TOP