【家賃支援給付金申請サポート窓口開設のお知らせ (8月5日~)】 - 新南陽商工会議所 | 周南市 新南陽地区(山口県) | 経営相談 資金繰り 新規創業 経営革新 検定試験など

【家賃支援給付金申請サポート窓口開設のお知らせ (8月5日~)】

家賃支援給付金申請サポート窓口開設

家賃支援給付金のオンライン申請が困難な方のために8/5(水)より家賃支援給付金の申請サポート会場が新南陽商工会議所3Fに開設されます。申請にあたっては事前の来訪予約が必要となりますので予約をされた上でご利用ください。

申請サポート会場について

家賃支援給付金の申請は本サイトでの電子申請(インターネットを利用した申請)を基本としていますが、申請サポート会場において、補助員が電子申請を行うことが困難な方のサポートを行います。

ご利用に当たっての注意事項

  1. 新型コロナウイルス感染防止の観点から、完全予約制としています。
  2. 申請サポート会場はコピー機をご用意しておりません。
  3. USBメモリなどでデータを受け取ることもできませんので必要書類のコピー(できれば現物)をご持参ください。
  4. 新型コロナウイルス感染防止のため、来訪当日の検温、お一人でのご来訪、マスクの着用、ボールペンのご持参をお願いします。

 

事前予約や申請の詳細は下記のサイトをご覧ください。

web予約(新南陽会場 https://yachin-shien.go.jp/support/list/index.html

お電話での予約は下記にお問合わせください。

家賃支援給付金   申請サポート会場   電話予約窓口

お問い合わせは申請サポート会場   電話予約窓口までお願いします。会場・商工会議所へのお問い合わせはご遠慮ください。電話番号はお間違えのないようにお願いいたします。

TEL:0120-150-413

受付時間:9:00〜18:00(土日・祝日を含む)

地域密着!新南陽地域の事業者様のお力になります!

新南陽商工会議所には、経営者や個人事業主の方が安心して利用できるサービスが多くあります。個人事業主の方でも入会できます。まずはお気軽にお問い合わせください。

 

新南陽商工会議所の職員が、新南陽地域の皆様のお力になります。

中小企業支援に関することはお気軽にお問い合わせください!

0834-63-3315

平日 9:00 - 17:30
土曜 9:00 - 12:00(第2・4土は休み)

お問い合わせ・資料請求

メールは24時間受け付けております。

ソーシャルボタン

こちらの記事も読まれています。

  • 第2弾「がんばろう周南市。キャッシュレスで最大20%戻ってくるキャンペーン!」を実施第2弾「がんばろう周南市。キャッシュレスで最大20%戻ってくるキャンペーン!」を実施 期間中(R3 1/5 – R3 2/28)に周南市で買い物をすると、最大20%のPayPayボーナスを付与するキャンペーン。 周南市では「第2弾 […]
  • 事業再構築補助金のご案内事業再構築補助金のご案内 企業の思い切った事業再構築を支援 […]
  • 小規模事業者持続化補助金<低感染リスク型ビジネス枠>小規模事業者持続化補助金<低感染リスク型ビジネス枠> 小規模事業者が経営計画及び補助事業計画を作成して取り組む、感染拡大防止のための対人接触機会の減少と事業継続を両立させるポストコロナを踏まえた新たなビジネスやサービス、生産プロセスの導入等に関する取組を支援するものです。 申請方法等の詳細は、下の小規模事業者持続化補助金<低感染リスク型ビジネス枠>補助金事務局ホームページのリンクよりご確認ください。 補助対象事業者 […]
  • 持続化給付金及び家賃支援給付金の申請期限延長に関するお知らせ持続化給付金及び家賃支援給付金の申請期限延長に関するお知らせ 持続化給付金 持続化給付金については、2020年12月までを対象としており、申請期限は2021年1月15日までですが、必要書類の準備に時間を要するなど、申請期限に間に合わない特段の事情がある方の書類の提出期限を2021年1月31日から2021年2月15日まで延長されます。加えて、書類の提出期限延長の申込期限は2021年1月15日から2021年1月31日まで延長されます。 […]
  • 【2/1(月)まで】固定資産税・都市計画税の軽減措置(令和3年度分)のご案内【2/1(月)まで】固定資産税・都市計画税の軽減措置(令和3年度分)のご案内 新型コロナウイルス感染症の感染拡大によって厳しい経営環境に直面している中小事業者等に対して、償却資産と事業用家屋に係る固定資産税及び都市計画税を令和3年度に限り軽減します。 令和2年2月から10月までの任意の連続する3か月の事業収入が前年の同期間と比較して 〇減少率が30%以上から50%未満のとき→2分の1を軽減します。 〇減少率が50%以上のとき→全額を軽 […]
PAGE TOP