【経営者・後継者向け事業承継オンデマンドセミナー】事業承継の準備について - 新南陽商工会議所 | 周南市 新南陽地区(山口県) | 経営相談 資金繰り 新規創業 経営革新 検定試験など

【経営者・後継者向け事業承継オンデマンドセミナー】事業承継の準備について

経営者・後継者向け事業承継オンデマンドセミナー

事業承継って何?そろそろ代替わりを考えているけど何をしていいかわからない。

そんなお悩みを抱えている経営者の方や後継者の方へ向けて、事業承継の準備について、基礎知識から事業承継計画の策定まで、中小企業診断士の講師お二人による2部制のセミナーです。

オンデマンド方式による、ご都合の良い時間にご都合の良い場所で視聴が可能です。

配信期間 令和4年1月7日(金)~令和4年1月28日(金)

受講料無料で、配信期間中であれば、いつでもご視聴が可能です。

第1部 「社長さん事業承継の準備はお済みですか?」

講師:福田中小企業診断士事務所 代表 福田敏彦 氏

第2部 「事業承継計画の策定」

講師:金子知史中小企業診断士事務所 代表 金子知史 氏

受講方法 お申込み後、受講申込者へ動画URLをお知らせします。パソコンやスマホなどの端末から、配信期間中のご都合が良い日時にログインしご受講ください。
申込方法 こちらから申込書をダウンロードして必要事項をご記入の上FAX、または本ページ下部の申込フォームからお申込みください。

 

お問い合わせ・送付先

新南陽商工会議所 中小企業相談所

TEL:0834-63-3315

FAX:0834-63-8397

申込フォーム

事業所名
業種
所在地
受講者名
メールアドレス 
TEL  - -

 

地域密着!新南陽地域の事業者様のお力になります!

新南陽商工会議所には、経営者や個人事業主の方が安心して利用できるサービスが多くあります。個人事業主の方でも入会できます。まずはお気軽にお問い合わせください。

 

新南陽商工会議所の職員が、新南陽地域の皆様のお力になります。

中小企業支援に関することはお気軽にお問い合わせください!

0834-63-3315

平日 9:00 - 17:30
土曜 9:00 - 12:00(第2・4土は休み)

お問い合わせ・資料請求

メールは24時間受け付けております。

ソーシャルボタン

こちらの記事も読まれています。

  • 【開催日:4/2】「新入社員ビジネスマナー研修」のご案内【開催日:4/2】「新入社員ビジネスマナー研修」のご案内 社会生活のスキルとしてのマナー教育を考える。 職場はいうまでもなく、一人だけで仕事をする場ではありません。年齢も立場も考え方もそれぞれ違った人が、ひとつの目的のために集まっているところです。良好な人間関係の基本は、職場のルールを守り、マナーを良くすることです。相手の心に響く、もっと的確な、効果的な、好感のもてる振る舞い方、話し方を身につけたいと思う時、初めてマナーを学ぼうと […]
  • 中小企業原油価格・物価高騰等対策支援事業補助金 第3次募集中小企業原油価格・物価高騰等対策支援事業補助金 第3次募集 中小企業 […]
  • 【お知らせ】建築士事務所の開設者がその業務に関して請求することができる報酬の基準の改定について【お知らせ】建築士事務所の開設者がその業務に関して請求することができる報酬の基準の改定について 建築士事務所の開設者がその業務に関して請求することのできる報酬の基準の改定について  建築士法第25条の規定に基づく建築士事務所の開設者がその業務に関して請求することのできる報酬基準が改訂されましたので会員の皆様にご案内致します。  本改訂は、近年建築士事務所の業務環境が大きく変化したこと等を受け、実態に即した業務報酬基 […]
  • 【持続化給付金に関するお知らせ(速報版)について】【持続化給付金に関するお知らせ(速報版)について】 「持続化給付金」の特設ページ(ポータルサイト)が開設されました。 特設ページはこちら   持続化給付金に関するお知らせ(速報版)について 持続化給付金とは・・・ 感染症拡大により、特に大きな影響を受ける事業者に対して、事業の継続を下支えし、再起の糧としていただくため、事業全般に広く使える給付金が支給されます。 このたび、持続化給付金の […]
  • 周南市跨道橋ネーミングライツパートナーの募集について周南市跨道橋ネーミングライツパートナーの募集について 周南市跨道橋ネーミングライツパートナーの募集について 市が管理する跨道橋について、民間の資金を活用して道路施設の持続可能な維持管理を行うとともに、民間の創意工夫による地域活動、社会貢献の場を提供するため、愛称を命名する権利(ネーミングライツ)を付与するパートナーを募集します。   ■パートナーのメリット ①企業等を幅広くPRすることができる。 […]
PAGE TOP