【開催日:9/25】軽減税率で何が変わるか分かる~10月1日から気を付ける実務とは~ - 新南陽商工会議所 | 周南市 新南陽地区(山口県) | 経営相談 資金繰り 新規創業 経営革新 検定試験など

【開催日:9/25】軽減税率で何が変わるか分かる~10月1日から気を付ける実務とは~

軽減税率セミナー 参加者大募集

日時 令和元年9月25日(水) 13:30~15:00
場所 新南陽商工会議所3F 大会議室
講師 公認会計士
コンサルタント
川口 宏之 (かわぐち ひろゆき)氏
内容 10月より、消費税10%への引き上げと同時に、わが国では初となる軽減税率制度が導入されます。事業者は複数の税率を同時に扱わねばならず、店舗業務、会社の経理業務への負担が増します。本セミナーでは、新たに始まる軽減税率の概要や軽減税率導入にあたっての留意事項をお伝えするとともに、増税という逆境でも利益を出せる財務体質になるべく、公認会計士の講師がアドバイス。儲かっている会社が実践しているシンプルな経営強化の具体策を、事例を交えながらご紹介します。明日から実践したくなるワクワクするようなメソッドが盛りだくさんですので、この機会にぜひご参加下さい。
受講料 無料
申込方法

下記チラシをダウンロードしてFAXまたはメールにてお申し込み下さい。

お問合せ先

新南陽商工会議所

TEL:0834-63-3315   FAX:0834-63-8397 mail : info@s cci.or.jp

地域密着!新南陽地域の事業者様のお力になります!

新南陽商工会議所には、経営者や個人事業主の方が安心して利用できるサービスが多くあります。個人事業主の方でも入会できます。まずはお気軽にお問い合わせください。

 

新南陽商工会議所の職員が、新南陽地域の皆様のお力になります。

中小企業支援に関することはお気軽にお問い合わせください!

0834-63-3315

平日 9:00 - 17:30
土曜 9:00 - 12:00(第2・4土は休み)

お問い合わせ・資料請求

メールは24時間受け付けております。

ソーシャルボタン

こちらの記事も読まれています。

  • 【開催日:2/17】「WEBを活用した新規採用求人」個別相談会【開催日:2/17】「WEBを活用した新規採用求人」個別相談会 「 WEB を活用した 新 規 採 用 求 人 と は 」 人手不足が深刻化する中、中小企業・小規模事業者の皆さんには労働力の確保や従業員の生活への多様な配慮が一層求められるようになり、持続的な事業経営を行っていかなければなりません。労働力を確保するために、魅力的な職場環境の整備や WEB […]
  • 【開催日:3/17】「働き方改革」個別相談会【開催日:3/17】「働き方改革」個別相談会 「働き方改革」準備できていますか? 今年4月から順次施行されております「働き方改革関連法」について、中小企業・小規模事業者の間でも様々な見直しがされています。労働力の確保と従業員の生活への多様な配慮が一層求められるようになり、中小企業・小規模事業者も「働き方改革関連法」を踏まえて事業経営を行っていかなければなりません。「年5日間の有給取得の義務化」「残業時間の上限規制」など […]
  • 【開催日:4/3】新入社員ビジネスマナー研修【開催日:4/3】新入社員ビジネスマナー研修 社会生活のスキルとしてのマナー教育を考える。 職場はいうまでもなく、一人だけで仕事をする場ではありません。年齢も立場も考え方もそれぞれ違った人が、ひとつの目的のために集まっているところです。良好な人間関係の基本は、職場のルールを守り、マナーを良くすることです。相手の心に響く、もっと的確な、効果的な、好感のもてる振る舞い方、話し方を身につけたいと思う時、初めてマナーを学ぼうと […]
  • 【開催日:1/17】「働き方改革」個別相談会【開催日:1/17】「働き方改革」個別相談会 「働き方改革」準備できていますか? 今年4月から順次施行されております「働き方改革関連法」について、中小企業・小規模事業者の間でも様々な見直しがされています。労働力の確保と従業員の生活への多様な配慮が一層求められるようになり、中小企業・小規模事業者も「働き方改革関連法」を踏まえて事業経営を行っていかなければなりません。「年5日間の有給取得の義務化」「残業時間の上限規制」など […]
  • 【開催日:2/13】「働き方改革」個別相談会【開催日:2/13】「働き方改革」個別相談会 「働き方改革」準備できていますか? 今年4月から順次施行されております「働き方改革関連法」について、中小企業・小規模事業者の間でも様々な見直しがされています。労働力の確保と従業員の生活への多様な配慮が一層求められるようになり、中小企業・小規模事業者も「働き方改革関連法」を踏まえて事業経営を行っていかなければなりません。「年5日間の有給取得の義務化」「残業時間の上限規制」など […]
PAGE TOP