【開催日:4/3】新入社員ビジネスマナー研修

社会生活のスキルとしてのマナー教育を考える。

職場はいうまでもなく、一人だけで仕事をする場ではありません。年齢も立場も考え方もそれぞれ違った人が、ひとつの目的のために集まっているところです。良好な人間関係の基本は、職場のルールを守り、マナーを良くすることです。相手の心に響く、もっと的確な、効果的な、好感のもてる振る舞い方、話し方を身につけたいと思う時、初めてマナーを学ぼうとする気持ちが生まれてくるのだと思います。社会ですぐに役に立つ講習会です。

セミナー情報

日時 令和2年4月3日(金) A.M.9:00 ~ P.M.5:00
場所 新南陽商工会議所 3F会議室
講師 有限会社ビジネススクール・オカモト

代表取締役 岡本 節子 氏

内容 ・ビジネスマナーの必要性

・来客対応・電話対応・名刺交換

・服装と身だしなみ、立ち振る舞い、おじぎの仕方

など、社会で役立つビジネスマナーが学べます。

受講料 会員 5,000円(税込)/1名〔テキスト、食事代含む〕

非会員 10,000円(税込)/1名〔テキスト、食事代含む〕

※会員・・・新南陽、徳山、下松、光商工会議所及びユーザ協会の会員

定員 50名程度
申込方法

下記より申込用紙をダウンロードして頂き、必要事項をご記入の上、FAXにてお申込み下さい。

申込期限

令和2年3月16日(月)

申込・問い合わせ先

新南陽商工会議所 (周南市宮の前2丁目6-13)

TEL:0834-63-3315 FAX:0834-63-8397

地域密着!新南陽地域の事業者様のお力になります!

新南陽商工会議所には、経営者や個人事業主の方が安心して利用できるサービスが多くあります。個人事業主の方でも入会できます。まずはお気軽にお問い合わせください。

 

新南陽商工会議所の職員が、新南陽地域の皆様のお力になります。

中小企業支援に関することはお気軽にお問い合わせください!

0834-63-3315

平日 9:00 - 17:30
土曜 9:00 - 12:00(第2・4土は休み)

お問い合わせ・資料請求

メールは24時間受け付けております。

ソーシャルボタン

こちらの記事も読まれています。

  • 【開催日:4/3】新入社員ビジネスマナー研修【開催日:4/3】新入社員ビジネスマナー研修 社会生活のスキルとしてのマナー教育を考える。 職場はいうまでもなく、一人だけで仕事をする場ではありません。年齢も立場も考え方もそれぞれ違った人が、ひとつの目的のために集まっているところです。良好な人間関係の基本は、職場のルールを守り、マナーを良くすることです。相手の心に響く、もっと的確な、効果的な、好感のもてる振る舞い方、話し方を身につけたいと思う時、初めてマナーを学ぼうと […]
  • 「雇用調整助成金」個別相談会  令和2年7月「雇用調整助成金」個別相談会 令和2年7月 「雇用調整助成金」ご存じですか? 雇用調整助成金とは、事業主が計画的に従業員を休ませた場合に、支払った休業手当等を国が助成する制度です。新型コロナウイルス感染症の影響を踏まえ、特例(緊急対応期間(令和2年9月30日まで延長)の主な措置)が拡充されています。制度を活用しようと思っても断片的な言葉や情報が飛び交い、何から準備すればよいのか分からないなど、これらに対応するため、働 […]
  • 「雇用調整助成金」個別相談会「雇用調整助成金」個別相談会 「雇用調整助成金」ご存じですか? 雇用調整助成金とは、事業主が計画的に従業員を休ませた場合に、支払った休業手当等を国が助成する制度です。新型コロナウイルス感染症の影響を踏まえ、特例(緊急対応期間(4月1日から6月30日まで)の主な措置)が拡充されています。制度を活用しようと思っても断片的な言葉や情報が飛び交い、何から準備すればよいのか分からないなど、これらに対応するため、働 […]
  • 【開催日:2/17】「WEBを活用した新規採用求人」個別相談会【開催日:2/17】「WEBを活用した新規採用求人」個別相談会 「 WEB を活用した 新 規 採 用 求 人 と は 」 人手不足が深刻化する中、中小企業・小規模事業者の皆さんには労働力の確保や従業員の生活への多様な配慮が一層求められるようになり、持続的な事業経営を行っていかなければなりません。労働力を確保するために、魅力的な職場環境の整備や WEB […]
  • 【開催日:3/17】「働き方改革」個別相談会【開催日:3/17】「働き方改革」個別相談会 「働き方改革」準備できていますか? 今年4月から順次施行されております「働き方改革関連法」について、中小企業・小規模事業者の間でも様々な見直しがされています。労働力の確保と従業員の生活への多様な配慮が一層求められるようになり、中小企業・小規模事業者も「働き方改革関連法」を踏まえて事業経営を行っていかなければなりません。「年5日間の有給取得の義務化」「残業時間の上限規制」など […]
PAGE TOP