ムーンフェスタしんなんよう応援チケット町名別一覧【政所】

 

政所

店名業種住所TEL
1.いよや富田店小売周南市政所一丁目3-50834-61-1480
2.衣料センターふじもと小売周南市政所一丁目3-120834-63-1119
3.兼石食料品店小売周南市政所3丁目10-50834-62-2082
4.くすりの大嶋小売周南市政所2丁目2番6号0834-34-5503
5.澄田印房小売周南市政所1丁目5番27号0834-63-1977
6.ちいさなCafé Colza飲食周南市政所1丁目8-2080-1942-0125
7.デイリーショップカワムラ小売 周南市政所1丁目4-13 0834-62-2358
8.ナカイ小売 周南市政所3丁目14番15号0834-62-2233
9.ファッション あむ小売周南市政所2丁目1-60834-62-5853
10.ファンタスティック Bヘアー 美容周南市政所2丁目1-10834-64-4500
11.Hair Salon CiCi美容周南市政所1丁目5-18080-5752-0044
12.ほうえい堂新南陽店 小売周南市政所2丁目2-1 0834-63-2840
13.宝石&時計 ナカイ  小売周南市政所2丁目1番7号0834-63-1493
14.めがねハウス ナカイ小売周南市政所2丁目1番11号0834-62-2233
15.松永米穀店小売周南市政所1丁目5-200834-62-2016
16.松永肥料店小売周南市政所1丁目5-200834-62-2016
17.YAMAMOTOYA/サラダ館まどころ店小売周南市政所三丁目10番13号0834-62-2041
18.リカーサークルたかはし小売 周南市政所2-1-120834-62-3933
19.理容ムラナカ理容周南市政所3-9-130834-62-2463
20.LINGERIE SHOP ワコールはらだ小売周南市政所二丁目3-100834-64-0633
21.レディス パル小売周南市政所2-1-60834-62-1717

随時更新中(令和2年12月14日更新)

※敬称略・順不同

地域密着!新南陽地域の事業者様のお力になります!

新南陽商工会議所には、経営者や個人事業主の方が安心して利用できるサービスが多くあります。個人事業主の方でも入会できます。まずはお気軽にお問い合わせください。

 

新南陽商工会議所の職員が、新南陽地域の皆様のお力になります。

中小企業支援に関することはお気軽にお問い合わせください!

0834-63-3315

平日 9:00 - 17:30
土曜 9:00 - 12:00(第2・4土は休み)

お問い合わせ・資料請求

メールは24時間受け付けております。

ソーシャルボタン

こちらの記事も読まれています。

  • 【開催日:4/19】第61回春の周南パラボラ会【開催日:4/19】第61回春の周南パラボラ会 周南パラボラ会 「周南パラボラ会」は ・各会の「人を知る」ことを目的としています。 ・誰とでも気軽に人脈作りができる「場」を提供します。 ・商工会議所会員事業所であれば何人でも参加することができます。 ・かしこまったルールはありません。 日程 2019年4月19日(金) 時間 18:00~19:30 場所 ピピ510 周南 […]
  • 【お知らせ】8/6 産業観光ツアーについて【お知らせ】8/6 産業観光ツアーについて 【産業観光 重要案内】 8月6日開催予定の産業観光ツアー […]
  • 【重要】第156回日商簿記検定試験の申し込みについて【重要】第156回日商簿記検定試験の申し込みについて 第156回日商簿記検定試験の申し込みについて 第156回日商簿記検定の申し込みにつきましては、新型コロナウイルス感染予防のため下記の通りとさせいただきます。 ≪申込期間≫10月1日(木) ~ […]
  • 【開催日:12/14】第26回ええ人にで愛ん祭【開催日:12/14】第26回ええ人にで愛ん祭 「ええ人にで愛ん祭」とは? 「ええ人にで愛ん祭」は、忙しい日々に追われて、出会いのきっかけがないと感じている人に、出会いの場を提供してきました。今回で26回目を迎えるこの会からは、これまでに173組のカップルが誕生し、中にはゴールインされたカップルもあります。貴方もこの機会に素敵な出会いをしてみませんか? 「ええ人にで愛ん祭」は毎年たくさんの独身の男女が参加されて、盛 […]
  • 【開催日:3/17】「働き方改革」個別相談会【開催日:3/17】「働き方改革」個別相談会 「働き方改革」準備できていますか? 今年4月から順次施行されております「働き方改革関連法」について、中小企業・小規模事業者の間でも様々な見直しがされています。労働力の確保と従業員の生活への多様な配慮が一層求められるようになり、中小企業・小規模事業者も「働き方改革関連法」を踏まえて事業経営を行っていかなければなりません。「年5日間の有給取得の義務化」「残業時間の上限規制」など […]
PAGE TOP