【開催日:12/18】「働き方改革」個別相談会

「働き方改革」準備できていますか?

今年4月から順次施行されております「働き方改革関連法」について、中小企業・小規模事業者の間でも様々な見直しがされています。労働力の確保と従業員の生活への多様な配慮が一層求められるようになり、中小企業・小規模事業者も「働き方改革関連法」を踏まえて事業経営を行っていかなければなりません。「年5日間の有給取得の義務化」「残業時間の上限規制」など断片的な言葉や情報が飛び交い、何から準備すればよいのか分からないなど、これらに対応するため、

働き方改革サポートオフィス山口の協力により専門家による個別相談会を開催いたします。

日時令和元年12月18日(水) 13:00~16:00
場所新南陽商工会議所 2F
内容① 年次有給休暇5日の確実な取得

② 時間外労働の上限規制の導入

③ 正規と非正規の不合理な待遇差を禁止

④ 外国人雇用における注意点

⑤ 労働県警助成金の活用など

※お困りのことがありましたら、何でもご相談ください。

相談料無料
相談対応専門員社会保険労務士
事前予約事前予約をされる場合は、下記申込書にご記入に上、直接お申込み頂くか、FAXまたは郵送にてお申込み下さい。当日のご参加も歓迎します。
今後の「働き方改革」個別相談会スケジュール
日時場所事前予約
令和2年1月17日 (金)新南陽商工会議所 

事前予約をされる場合は、下記申込書にご記入に上、直接お申込み頂くか、FAXまたは郵送にてお申込み下さい。

当日のご参加も歓迎します。

令和2年2月13日 (木)新南陽商工会議所
令和2年3月17日 (火)新南陽商工会議所
問合せ・お申し込み先

新南陽商工会議所 中小企業相談所

TEL:0834-63-3315 FAX0834-63-8397  

地域密着!新南陽地域の事業者様のお力になります!

新南陽商工会議所には、経営者や個人事業主の方が安心して利用できるサービスが多くあります。個人事業主の方でも入会できます。まずはお気軽にお問い合わせください。

 

新南陽商工会議所の職員が、新南陽地域の皆様のお力になります。

中小企業支援に関することはお気軽にお問い合わせください!

0834-63-3315

平日 9:00 - 17:30
土曜 9:00 - 12:00(第2・4土は休み)

お問い合わせ・資料請求

メールは24時間受け付けております。

ソーシャルボタン

こちらの記事も読まれています。

  •  2019産業観光ツアー 『 一般コース 』募集開始 2019産業観光ツアー 『 一般コース 』募集開始 2019産業観光ツアー一般コース募集開始!! 普段とは違った視点から見る企業群をご堪能下さい 周南地域は、全国でも有数の石油化学コンビナートを形成し、知名度の高い上場企業も立地していることから企業城下町として発展してきました。また地域に密着した地場の企業も多くあります。そこで周南地域の4つの商工会議所では、このような条件を活かした地域活性化事業の一環として、一般地域住民の […]
  • 税務・経理のなんでも無料相談のオンライン対応について税務・経理のなんでも無料相談のオンライン対応について 税務・経理のなんでも無料相談のオンライン対応について 当所が行っております「税務・経理のなんでも無料相談」ですが、web会議システムを利用したweb相談に対応できるように致しました。(スマホ対応) なおweb相談に関しましては事前予約制とし、web会議システムは「Zoom」と「Google […]
  •  ビジネスドラフトやまぐち エントリー企業募集 ビジネスドラフトやまぐち エントリー企業募集 ビジネスドラフトやまぐちとは 完全事前調整型の商談会 ・貴社が希望する企業へ商談を申し込むことができます。 ・短時間で効率よく、効果的な商談ができます。 ・新製品開発や販売面等で協力し合えるパートナーを探せます。 ・幅広い業種の情報が一度に収集できます。 ・貴社の課題解決に繋がるおおもいもよらない提案を受ける可能性もあります。 ビジネスドラフト概 […]
  • 新南陽商工会議所報2021.12No355新南陽商工会議所報2021.12No355 2021年12月  
  • 「未来の君たちへ―明治維新百五十年回想と顕彰ー」刊行について「未来の君たちへ―明治維新百五十年回想と顕彰ー」刊行について 未来の君たちへー明治維新百五十年回想と顕彰ー 児玉源太郎顕彰会が中心となって昨年2月22日発足した「明治維新百五十年回想と顕彰」周南実行委員会は、昨年一年間さまざまな事業を展開し、幕末から明治へかけての激動の時代、日本の近代化を推進した明治という時代を回想しながら明らかにしてきました。 この一冊で現代へと通じる歴史を考えるとともに、将来への道しるべを模索する契 […]
PAGE TOP