レジ袋有料化スタートにつきまして【7/1~】

レジ袋有料化につきまして【7/1~】

令和2年7月1日から全国で一律にプラスチック製買物袋の有料化が開始されます。
政府において、プラスチックの過剰な使用の抑制を進めていくための取組の一環として、プラスチック製買物袋の有料化を通じて消費者のライフスタイルの変革を促すため、「容器包装に係る分別収集及び再商品化の促進等に関する法律」(以下、容器包装リサイクル法という)の枠組みを基本とし、令和元年12月27日、「小売業に属する事業を行う者の容器包装の使用の合理化による容器包装廃棄物の排出の抑制の促進に関する判断の基準となるべき事項を定める省令」が改正されました。本改正により、小売業に属する事業を行う事業者は、商品の販売に際して、消費者がその商品の持ち運びに用いるためのプラスチック製買物袋(いわゆるレジ袋)を有料で提供することにより、プラスチック製買物袋の排出抑制を促進することとなります。
プラスチックは、非常に便利な素材です。成形しやすく、軽くて丈夫で密閉性も高いため、製品の軽量化や食品ロスの削減など、あらゆる分野で私たちの生活に貢献しています。一方で、廃棄物・資源制約、海洋プラスチックごみ、地球温暖化などの課題もあります。私たちは、プラスチックの過剰な使用を抑制し、賢く利用していく必要があります。つきましては下記文書をご参照いただき、プラスチック製買物袋の有料化に向けた準備を進めていただきますよう、よろしくお願い申し上げます。

皆さんも、レジ袋有料化をきっかけに自身のライフスタイルを見つめ直し、エコバッグを持ち歩く等、できるところからプラスチックを賢く使う工夫をしてみてはいかがでしょうか。

 

リンク先

経済産業省 レジ袋有料化

地域密着!新南陽地域の事業者様のお力になります!

新南陽商工会議所には、経営者や個人事業主の方が安心して利用できるサービスが多くあります。個人事業主の方でも入会できます。まずはお気軽にお問い合わせください。

 

新南陽商工会議所の職員が、新南陽地域の皆様のお力になります。

中小企業支援に関することはお気軽にお問い合わせください!

0834-63-3315

平日 9:00 - 17:30
土曜 9:00 - 12:00(第2・4土は休み)

お問い合わせ・資料請求

メールは24時間受け付けております。

ソーシャルボタン

こちらの記事も読まれています。

  • 新南陽地域景気動向調査 – 新南陽地域カルテ(全地区)新南陽地域景気動向調査 – 新南陽地域カルテ(全地区) 2016年周南市業種ごとの事業所数/従業員数   H28_産業分類 事業所数 従業者数 総数【人】 A農業,林業 19 165 B漁業 1 2 C鉱業,採石業,砂利採取業 2 15 D建設業 843 6,858 E製造業 310 12,083 F電気・ガス・熱供給・水 […]
  • 【開催日:4/2】「新入社員ビジネスマナー研修」のご案内【開催日:4/2】「新入社員ビジネスマナー研修」のご案内 社会生活のスキルとしてのマナー教育を考える。 職場はいうまでもなく、一人だけで仕事をする場ではありません。年齢も立場も考え方もそれぞれ違った人が、ひとつの目的のために集まっているところです。良好な人間関係の基本は、職場のルールを守り、マナーを良くすることです。相手の心に響く、もっと的確な、効果的な、好感のもてる振る舞い方、話し方を身につけたいと思う時、初めてマナーを学ぼうと […]
  • 税務・経理のなんでも無料相談 令和3年3月税務・経理のなんでも無料相談 令和3年3月 税務・経理のなんでも無料相談 担当 税理士 (当商議所顧問税理士) 日時 令和3年3月5日(金)   13:00-16:00 令和3年3月10日(水)  13:00-16:00 令和3年3月15日(月)  10:00-16:00 令和3年3月29日(月)  […]
  • 【掲載記事】新南陽商工会議所の紹介記事が掲載されました(マネ会 by Ameba)【掲載記事】新南陽商工会議所の紹介記事が掲載されました(マネ会 by Ameba) 「新・親・心・信」4つの”しん”からはじまる新南陽商工会議所の取り組みを紹介   掲載記事 マネ会トップページはこちら
  • 「未来の君たちへ―明治維新百五十年回想と顕彰ー」刊行について「未来の君たちへ―明治維新百五十年回想と顕彰ー」刊行について 未来の君たちへー明治維新百五十年回想と顕彰ー 児玉源太郎顕彰会が中心となって昨年2月22日発足した「明治維新百五十年回想と顕彰」周南実行委員会は、昨年一年間さまざまな事業を展開し、幕末から明治へかけての激動の時代、日本の近代化を推進した明治という時代を回想しながら明らかにしてきました。 この一冊で現代へと通じる歴史を考えるとともに、将来への道しるべを模索する契 […]
PAGE TOP