中小企業大学校研修助成制度のお知らせ - 新南陽商工会議所 | 周南市 新南陽地区(山口県) | 経営相談 資金繰り 新規創業 経営革新 検定試験など

中小企業大学校研修助成制度のお知らせ

国の人材養成機関 中小企業大学校で受講してみませんか?

-新南陽商工会議所が受講料の60%を助成します-

4月からの研修計画はもう立てられましたか?国の人材養成機関、中小企業大学校広島校(商工センター内)では新年度の研究計画をまとめました。人気のある研修コースです。お早めにお申し込み下さい。

対象者 会員である中小企業者で中小企業大学校の研修修了者
内容 補助対象経費:受講料

補助率等:60%

補助限度額:3万円/人

※商工会議所への事前申請が必要となります。

問合せ先 新南陽商工会議所 中小企業相談所

TEL:0834-63-3315  FAX:0834-63-8397

中小企業大学校 広島校

令和2年度研修日程表
分野 テーマ 日程 受講料
階層別研修 新任管理者研修 2020年7月14日
~7月17日
36,000円
 中堅管理者研修  2020年10月13日
~10月16日
 36,000円
組織マネジメント 実践で学ぶ!部下指導の考え方・進め方 2020年7月2日
2020年7月3日
2020年8月6日
2020年8月7日
36,000円
コミュニケーション活性化講座 2020年9月15日
~9月17日
32,000円
企業経営

経営戦略

トラック運送業の業務改善講座 2020年8月27日
2020年8月28日
2020年9月14日
2020年9月15日
36,000円
企業ブランド力強化の考え方・進め方 2020年10月15日
~10月16日
22,000円
人事・組織  採用・定着のための考え方・進め方  2020年7月28日
~7月30日
 32,000円
人材育成の考え方・進め方 2020年8月3日
~8月5日
32,000円
財務管理 会計情報活用講座(山口県開催) 2020年7月28日 16,000円
財務分析実践講座 2020年10月7日
~10月9日
32,000円
営業

マーケティング

成果を上げる営業交渉術 2020年7月8日
~7月10日
32,000円
成果につながる営業のプロセス管理と育成法 2020年10月27日
~10月29日
32,000円
生産管理 ヒューマンエラー対策講座 2020年12月9日
~12月11日
32,000円
多能工化の進め方 2021年2月8日
~2月10日
32,000円

※新型コロナウイルス感染拡大防止のため、6月末までの研修を全て中止となっております。

上記、研修内容は一部となります。詳細は中小企業大学校広島校HPをご確認下さい。

地域密着!新南陽地域の事業者様のお力になります!

新南陽商工会議所には、経営者や個人事業主の方が安心して利用できるサービスが多くあります。個人事業主の方でも入会できます。まずはお気軽にお問い合わせください。

 

新南陽商工会議所の職員が、新南陽地域の皆様のお力になります。

中小企業支援に関することはお気軽にお問い合わせください!

0834-63-3315

平日 9:00 - 17:30
土曜 9:00 - 12:00(第2・4土は休み)

お問い合わせ・資料請求

メールは24時間受け付けております。

ソーシャルボタン

こちらの記事も読まれています。

  • 第156回日商簿記検定試験受験予定の皆様へ(お願い)第156回日商簿記検定試験受験予定の皆様へ(お願い) 第156回日商簿記検定試験受験予定の皆様へ お願い 第156回簿記検定試験施行要項はこちら
  • 第166回日商簿記検定試験受験予定の皆様へ(お願い)第166回日商簿記検定試験受験予定の皆様へ(お願い) 第166回日商簿記検定試験受験予定の皆様へ お願い 第166回簿記検定試験申込書
  • 第163回日商簿記検定試験受験予定の皆様へ(お願い)第163回日商簿記検定試験受験予定の皆様へ(お願い) 第163回日商簿記検定試験受験予定の皆様へ お願い 第163回簿記検定試験申し込みについて 第163回簿記検定試験申込書
  • サイバーセキュリティ対策促進補助金のご案内サイバーセキュリティ対策促進補助金のご案内 サイバーセキュリティ対策促進補助金のご案内 県では、情報セキュリティ対策に必要な設備導入等の取組を支援することで、中小企業のセキュリティレベル向上を図ることを目的とした「サイバーセキュリティ対策促進補助金」を設けています。 下記のとおり、補助金の募集を開始しましたので、ご案内します。 補助対象者 県内に事業所を有する中小企業(対象業種:農業、林業、漁業を除 […]
  • 利用者保護措置について利用者保護措置について 利用者資金の保全方法 資金決済法第14条第1項の規定の趣旨: 前払式支払手段の保有者の保護のための制度として、資金決済に関する法律の規定に基づき、前払式支払手段の毎年3月31日及び9月30日現在の未使用残高の半額以上の額の発行保証金を法務局等に供託等することにより資産保全することが義務づけられています。   資金決済法第31条第1項に規定する権利 […]
PAGE TOP