新型コロナウイルス感染症関連補助金のご案内 - 新南陽商工会議所 | 周南市 新南陽地区(山口県) | 経営相談 資金繰り 新規創業 経営革新 検定試験など

新型コロナウイルス感染症関連補助金のご案内

新型コロナウイルス感染症の影響を受け、売上減少等に対応するための販路開拓等に取り組む中小企業を支援します

山口県、及び(公財)やまぐち産業振興財団では、新型コロナウイルス感染症の影響による県内中小企業の売上減少等に対応するため、令和2年度に実施する補助事業に「新型コロナウイルス感染症関連枠」を設けるとともに、困難な状況にあっても成長を目指す中小企業の取組を速やかに支援します。
以下のとおり、補助金の募集を行いますので申請を希望される方は応募要領等をご確認の上、ご応募ください。
補助金内容
補助対象者

新型コロナウイルス感染症の影響による売上減少等に対応するため新たに販路開拓等に取組む事業者

※県内に主たる事務所を置く中小企業で、新型コロナウイルス感染症の影響により、最近 1 カ月の売上高が前年同月比で減少した者

補助金概要・海外展開総合支援事業 応募件数(20件)

海外への新たな販路開拓経費への補助

海外での新たなサプライチェーン構築経費への補助

≪補助率:1/2、補助上限:50万円≫

・中小企業スマートビジネス推進事業 応募件数(20件)

新商品・新サービスの開発等経費への補助

≪補助率:1/2、補助上限:150万円≫

・産業人材創造事業 応募件数(100件)

従業員の研修経費への補助

≪補助率:1/2、補助上限:3万円≫

スケジュール

4月 7 日(火) 交付申請書提出期限 ※必着

4月 10 日(金) 交付決定

応募方法補助金の区分によって申請書様式や対象経費等が異なりますので、交付要綱等 をご確認の上、交付申請書等を(公財)やまぐち産業振興財団に提出してください。
問い合わせ先

(公財)やまぐち産業振興財団 事業支援部

〒753-0077 山口市熊野町1番10号 NPYビル10F

TEL:083-922-9926   FAX:083-921-2013   E-mail:jigyo@ymg-ssz.jp

地域密着!新南陽地域の事業者様のお力になります!

新南陽商工会議所には、経営者や個人事業主の方が安心して利用できるサービスが多くあります。個人事業主の方でも入会できます。まずはお気軽にお問い合わせください。

 

新南陽商工会議所の職員が、新南陽地域の皆様のお力になります。

中小企業支援に関することはお気軽にお問い合わせください!

0834-63-3315

平日 9:00 - 17:30
土曜 9:00 - 12:00(第2・4土は休み)

お問い合わせ・資料請求

メールは24時間受け付けております。

ソーシャルボタン

こちらの記事も読まれています。

  • 8月専門家個別相談会8月専門家個別相談会 専門家個別相談会 新南陽商工会議所では各種専門家の先生をお呼びして個別相談会を開催します。 全てWEB会議システム(Google Meet または […]
  • 税務・経理のなんでも無料相談 令和2年2月税務・経理のなんでも無料相談 令和2年2月 担当 末次税理士 (当商議所顧問税理士) 日時 令和2年2月5日、2月25日 13:00-16:00 場所 2階会議室 税務・経理のご相談はぜひ新南陽商工会議所まで、税理士による会員限定の無料相談実施中!! […]
  • 【開催日:5/3】第18回まんどころ来てみん祭【開催日:5/3】第18回まんどころ来てみん祭 まちと永源山公園をつなぐゆめ風車通り 愛称「ゆめ風車通り」は永源山公園と街をつなぐ通りです。きれいな歩道と、4つのポケットパークを持っています。この街が、住民参加・協働で郷土愛を醸成し、いつまでも活性化し続けるために、第18回まんどころ来てみん祭を開催致します。 日程 2019年5月3日(金・祝) 時間 9:00~16:00 ※雨天決行。ただ […]
  • 令和3年新年互礼会開催中止のお知らせ令和3年新年互礼会開催中止のお知らせ 令和3年新年互礼会開催中止のお知らせ 徳山・新南陽商工会議所は、令和3年新年互礼会について検討してまいりましたが、開催にあたっては、国のガイドラインにより人数を半分以下に制限することとなり、さらにこの度、政府から「新型コロナウイルス感染症対策の観点からの年末年始の在り方について」、企業や経済団体に対し、年末年始の休暇を分散するよう協力依頼もあり、本来の目的である会員事業所と […]
  • 「働き方改革」個別相談会  令和3年3月「働き方改革」個別相談会 令和3年3月 「働き方改革」準備はできていますか? 「働き方改革関連法」について、中小企業・小規模事業者間でも様々な見直しがされています。労働力の確保と従業員の生活への多様な配慮が一層求められるようになり、中小企業・小規模事業者も「働き方改革関連法」を踏まえて事業経営を行っていかなければなりません。 「年5日間の有給取得の義務化」「残業時間の上限規制」など断片的な言葉や情報が飛び交い、 […]
PAGE TOP