消費税軽減税率対策特設ページ - 新南陽商工会議所ホームページ | 周南市 新南陽地区(山口県) | 経営相談 資金繰り 新規創業 経営革新 検定試験など

消費税軽減税率対策特設ページ

消費税率引上げ・軽減税率制度導入対策

2019年10月からの消費税率引上げおよび軽減税率の導入に向け、中小企業・小規模事業者が円滑に対応できるよう、新南陽商工会議所に「消費税軽減税率・転嫁対策相談窓口」を設置いたしました。

「消費税軽減税率・転嫁対策相談窓口」では、税理士、中小企業診断士等様々な分野の専門家と連携を図りながら、政府の軽減税率制度や価格転嫁対策(消費税転嫁対策特別措置法等)に関する支援をいたします。また、消費税軽減税率への対応・価格転嫁に資する経営力強化(価格戦略、コスト見直し、資金繰り等)に関する支援を行います。

消費税率10%への引上げ、および税率の一部を8%に据え置く軽減税率制度が導入されました。消費税率の引上げにより、消費マインドの冷え込みや競合他社との価格競争が激化することに加え、軽減税率制度の導入で経理処理等の事務作業の増加という、事業者にとって新たな負担が発生します。

消費税軽減税率概要 消費税軽減税率とは?対策とは?(PDF)
消費税軽減税率(IT活用) IT活用方法とは?(PDF)
消費税軽減税率実施後 事業者の皆様へ(PDF)

下記参考ガイドブックで消費税軽減税率制度とその対応策を解説しています。

詳細は下記問合せ先までお問合せ下さい。

参考ガイドブック

三冊すべて新南陽商工会議所窓口に常備しております。

ご入用の方はご来所又はご連絡下さい。

問合せ先 新南陽商工会議所(消費税軽減税率・転嫁対策相談窓口)
消費税率引上げ・軽減税率制度関連サイト

地域密着!新南陽地域の事業者様のお力になります!

新南陽商工会議所には、経営者や個人事業主の方が安心して利用できるサービスが多くあります。個人事業主の方でも入会できます。まずはお気軽にお問い合わせください。

 

新南陽商工会議所の職員が、新南陽地域の皆様のお力になります。

中小企業支援に関することはお気軽にお問い合わせください!

0834-63-3315

平日 9:00 - 17:30
土曜 9:00 - 12:00(第2・4土は休み)

お問い合わせ・資料請求

メールは24時間受け付けております。

ソーシャルボタン

こちらの記事も読まれています。

  •  周南市企業ガイドブック掲載企業募集のご案内 周南市企業ガイドブック掲載企業募集のご案内 周南市企業ガイドブック掲載企業募集中 若者の地元就職に繋げていくことを目的とした企業ガイドブックを作成し周南市内の企業の魅力と情報を広く周知していきます。 前年度は、周南市成人式の出席者や周南市内の高等学校3年生を中心に、大変好評を博したところです。 本年度も、徳山商工会議所と連携のもと、「周南市企業ガイドブック」を作成するにあたり、掲載企業を募集致します。 掲載を希 […]
  • 新南陽地域カルテ(福川地区)新南陽地域カルテ(福川地区) 地区内人口の推移 1.人口減少の類型:第二段階(老年人口のみ横ばい) 2.地区内人口動向:人口増減率は、市街化区域よりも10.9%下回る。高齢化率は、市街化区域を上回る。 3.人口集積状況:一部に40人/ha以上の人口メッシュがある。 (単位:人、%、人/a) 年齢区分 平成12年 平成22年 平成47年 増減率 年少人口 […]
  • 新南陽地域カルテ(富田地区)新南陽地域カルテ(富田地区) 地区内人口の推移 1.人口減少の類型:第一段階(老年人口のみ増加) 2.地区内人口動向:人口増減率は、市街化区域より5.0%下回る。高齢化率は、市街化区域を下回る。 3.人口集積状況:40人/ha以上の人口メッシュが連担しており、人口集積の高い地区である。 (単位:人、%、人/ha) 年齢区分 平成12年 平成22年 平成47年 増減 […]
  •  SSS スポウエルネス周南 無料体験チケット 限定プレゼント SSS スポウエルネス周南 無料体験チケット 限定プレゼント 2019年3月1日にイオンタウン周南(新南陽)内にオープン!! 新南陽地区に本格的スポーツジム開設!! 無料体験チケットを来所された皆様限定でプレゼント!! 新南陽商工会議所窓口に常備されていますので、ご興味のある方はお早めにお越しください。   ※こちらのチケットは見本画像です。 SSS […]
  • 【開催日:2/13】「働き方改革」個別相談会【開催日:2/13】「働き方改革」個別相談会 「働き方改革」準備できていますか? 今年4月から順次施行されております「働き方改革関連法」について、中小企業・小規模事業者の間でも様々な見直しがされています。労働力の確保と従業員の生活への多様な配慮が一層求められるようになり、中小企業・小規模事業者も「働き方改革関連法」を踏まえて事業経営を行っていかなければなりません。「年5日間の有給取得の義務化」「残業時間の上限規制」など […]
PAGE TOP